ホーム  >  任意売却

任意売却・リースバック

任意売却無料相談

競売・差押さえ・住宅ローンでお困りの方、不安な方
わからない事をご相談下さい!

  • 住宅ローンの返済が困難になってきた
  • 住宅ローンの返済が延滞している
  • 延滞中の為、いろんな催促状が届いてる
  • 債権者(銀行)より競売申立て(差押さえ)になっている
    (上記の住宅ローン以外の不動産担保融資も同じです)

任意売却・リースバックで解決を

任意売却とは

住宅ローンを滞納したままで何もせず、そのまま放置していれば確実に競売物件になります。

競売物件になれば、裁判所の執行官が訪問し、外観と家屋内の写真を撮りインターネットや新聞、住宅情報誌に一般公開されます。
もちろん所在地も…
訪問日は事前に通知されますが日程が合わない又は、返答しなければ裁判所の権限でカギを開けて強制的に執行官が立ち入ります。

その後は、裁判所の入札により合法的に他人の所有物になります。(市場の50%~70%の価格です)

その新所有者による立退きで、引越をしなければなりません。

そこで任意売却をご存知ですか?

通常では、住宅ローンの残金を全て支払わなければ、不動産を売却する事は出来ません。抵当権(担保)の抹消が出来ないからです。
そこではじめて大家さんが代理で、債権者(銀行など)に交渉し、全額返済ができなくても不動産を売却させていただくシステムが任意売却です。


リースバックの簡易紹介図

ご相談のタイミング

延滞前

余裕を持っての売却なのでスムーズに態様でき、計画的に準備が行えます。

延滞数ヶ月後

まだ大丈夫です。債権者との交渉も当社におまかせ下さい。

延滞6ヶ月以上又は代位弁済が行われている

競売申立て一歩手前か、すでに差し押さえられている態様です。
ですが任意売却が出来る可能性はまだ高いです。
(債権者は専門の回収機構に移行)

裁判官の執行官が家に来た

何とか債権者に交渉し任意売却が出来る様に、努めます。
まだ諦めずに頑張ります。

裁判所の入札日が近づいている(1ヵ月以内)

ほぼ絶望的なタイミング
但し当社では交渉いたします。

任意売却のメリットはなに?

リースバック(お家賃を支払いながらそのまま物件にお住みいただくこと)も可能です。

執行官が訪問する前(競売情報がネットなどで公開される前)に売却できたら 公開されません。

ご近所に知られることなく引越できます。
お子様がおられる方に有利です。

市場に近い金額で売却しますので ローンの残債が競売より少なくなる。

ローンの残債の支払い交渉が事前に行えるケースもあります。数百万円~数千万円の
残債が残ったとしても現時点での収入によっては数千円~1万円程度の支払に応じてくれたケースもあります。
(過去の事例なので参考でお考えください)

仲介手数料は売却価格より支払うので 自己負担なし。

引越し費用をはじめて大家さんが負担してくれるので問題無用。

他の差押や税金の差押などの延滞金も売却価格より支払えるケースが多い。

当社が買取る場合で金額の折合いが合えば売主様に有利な条件を提示できます。

ページトップへ